ビールではないOrion

OrionとMSDは、転移性去勢抵抗性前立腺癌の治療のための治験中のステロイド合成阻害剤であるODM-208の開発と商品化のための世界的な協力を発表しました。(7/13/2022)

なるほど、その前に、Orionって何だろ。沖縄のビールではないことだけはわかる。そういえばオリオンビールは今はアサヒビールと提携関係にありますね。昔沖縄で学会があり、東京のとある大学病院の先生と一緒に沖縄まで旅した時に、オリオンビール関連の施設に連れて行ってもらって、ドラフト生ビールをたくさん飲ませてくれたりしました。懐かしすぎます。

で、このニュースのOrionは、フィンランドの製薬会社です。

https://www.orion.fi

フィンランドの会社は、.fiなのですね。初めて見ました。

Orionは、世界的に事業を展開しているフィンランドの製薬会社であり、well-beingのビルダーとのことです。(以下ホームページの翻訳)

Orionは、ヒトおよび動物用医薬品と医薬品有効成分を開発、製造、販売しています。

同社は継続的に新薬と治療法を開発しています。オリオンの医薬品研究開発の中心的な治療分野は、腫瘍学とPain領域です。

Orionの2021年の純売上高は1,041百万ユーロで、年末現在の従業員数は約3,350人でした。OrionのA株とB株は、NasdaqHelsinkiに上場されています。

https://www.orion.fi/

で、そのフィンランドにあるOrionという製薬会社が、メルクと提携したのです。メルクはアメリカのメルクですので、日本ではMSDですね。

提携の内容は、Orionの治験候補薬ODM-208およびチトクロームP450 11A1(CYP11A1)を標的とするその他の薬剤の世界的な開発および商品化契約ということです。

なるほど。

で、なんで、Orionという名前なのでしょうか? 前回は、Bicycleについて少し紹介しましたけど、会社名って面白いですよね。色々とググっても、なぜOrionなのかは出てきません。誰か知っている人がいたら教えてください。1917年の創業で、歴史はなんと100年あって、第二次対戦中から急速に発展したとのことです。3000人強の従業員ということで、日本国内大手製薬会社の規模感でしょうか。フィンランドが本社ですけど、ヨーロッパ各国と、インドにもありますね。
https://www.orion.fi/en/orion-in-other-countries/
フィンランドでは結構老舗の製薬会社ですね。過去には、旭化成とかエーザイとかとも提携しております。もしかして、みんな知っている会社? 僕は知りませんでした。
フィンランドはそもそもオーロラとか星を見たりする人々にとっては有名な場所なので、それでオリオン座とかはもしかしたら、シンボル的な存在なのでしょうか。わかりません。ググると、幸福のシンボルみたいなこと言っているのもありました。

オリオン座となると、ギリシャ神話とか出てきますけど、そうなると、オリオンは美男子で巨人の漁師らしいです。それゆえに女神アルテミスの怒りにふれて殺されたとも、さそりに刺されて死んだともいわれています。そもそも、死因が違うにしろ、殺されたということですよね。で、死後に、天に昇ってオリオン座になったとさ、とのことです。ただ、この説だと、ちょっと会社としては、しかも製薬会社としては、あまりよくないですよね。殺されたとか。ですので、その辺はあまり深く考えない方が良いのではないかと思いました。

さて、アメリカメルクとのODM-208関連の契約ですけど、こんな感じです。

  • オリオンが2億9000万米ドルの前払い金を受け取る
  • 合意により、MSDの腫瘍学パイプラインが強化および補完される

ODM-208は、CYP11A1の経口非ステロイド性阻害剤であり、転移性去勢抵抗性前立腺がん(mCRPC)患者の治療を目的とした第2相臨床試験で現在評価されているとのことです。

契約条件に基づき、Orionとアメリカメルクは、その子会社であるMerck Sharp&Dohme LLCを通じて、ODM-208を共同開発および共同商品化します。

アメリカメルクはOrionに2億9000万米ドルの前払いを行います。これは、2022年の第3四半期にアメリカメルクによって費用が発生し、非GAAPベースの結果に含まれます。

アメリカメルクって、前述しましたけどMSDです。念の為。

この前払いのうち、オリオンは署名時に約2億2,000万ユーロを収入として認識し、将来発生するODM-208開発費のオリオンのシェアをカバーするために約6,000万ユーロが留保されています。Orionは、ODM-208の臨床および商業供給の製造を担当します。

さらに、この契約は、最初の共同開発および共同商業化契約をアメリカメルクのグローバル独占ライセンスに変換するオプションを両当事者に提供するとのことで、オプションが行使された場合、アメリカメルクは、プログラムに関連するすべての未払いおよび将来の開発および商品化費用に対して全て支払うそうです。

よくわからんけど、相当Orionに有利な契約のように見えます。それだけ、このパイプラインは、アメリカメルクに意義深いことなのかと思います。

でも3000人規模の会社って、前述しましたけど日本国内の製薬会社っぽいですよね。ということは、日本の製薬会社も、候補物質を、アメリカのメガファーマに売ったりするような感じでできるのではないでしょうか?これがなかなかできないですね。

多分ですけど、日本の製薬会社は、アメリカに進出しないで、

スカンジナビアに進出すべきではないか

と思ってしまいます。Orionnは近隣国には広がっているけど、アメリカには進出していないですよね。https://www.orion.fi/en/orion-in-other-countries/

もしかして、ヨーロッパの、しかもスカンジナビアというか、北欧に拠点を構えて、近隣諸国のリサーチャーを雇えば、日本の製薬会社からも候補物質が出てくるかもしれないですね。

アメリカ進出がちょっと、ということで、とはいえ、APACではちょっと、と言ったところなので、敢えて飛び地で北欧に出て行って、現地採用をする。。。これはもしかして、新しい戦略かもしれないですよ。

免疫チェックポイントを牽引した後は、AI企業でNASH

メルク(MSD)の研究開発のトップであるロジャー・ペルムター氏が、7年間居たメルクを去り、AIの会社である、Insitro社の取締役に就任することが決まったとのことです。

ロジャー氏がメルクに来た7年前から、現在を考えると、正にイムノオンコロジー、免疫チェックポイントの時代を牽引したと言えると思います。

T細胞の免疫活性を負に調節するPD-1経路を阻害し抗腫瘍効果を示す、免疫チェックポイント阻害薬というのが、もう、各社こぞって開発しましたよね、ここ数年。

オプジーボと、キイトルーダが牽引しました。

ただし投資家たちは、ここに来て結構不安視し始めました。2020年の第二四半期の売り上げを見ますと、キイトルーダの売り上げが3分の1を占めております。1つの製品に依存しすぎているという見方です。

(メルク 4-6月・第2四半期)
・1株利益(調整後):1.37ドル(予想:1.07ドル)
・売上高:108.7億ドル(予想:105億ドル)
  キイトルーダ:33.9億ドル(予想:31.9億ドル)
  ジャヌビア/ジャヌメット:13.4億ドル(予想:13億ドル)
  ゼチーア/バイトリン:1.75億ドル
  ガーダシル:6.5億ドル(予想:6.9億ドル)
  アイセントレス:2億ドル(予想:2.1億ドル)
  シンポニー:1.9億ドル(予想:1.9億ドル)

(https://fu.minkabu.jp/news/180913)

さらに、ジャヌビアの特許切れが2023年とのことです。

医薬品業界というか、製薬会社では常に起こりえることなのですが、その次のパイプラインです。キイトルーダの次は?

と、いうことになるのです。

そんな中で、このブームというか、免疫チェックポイントで時代をリードしてきた張本人の一人である、研究開発トップのロジャー・ペルムター氏が、7年在籍したメルクを去るということになったとのことでございます。

https://www.merck.com/leadership/roger-m-perlmutter-m-d-ph-d/

まだ、リンク先はあるかと思います。が、そのうちになくなるかと思います。

これは、ただ単に、「免疫チェックポイントの流行りが終わったから、研究開発のトップが去る」という話だけではないという見方があります。

なぜかといえば、CEOのKenneth C. Frazier氏
https://www.merck.com/leadership/kenneth-c-frazier/

が、新しいCEOを探すために、退任する予定を延ばしたという報道が出ていたからです。

現状のCEOが新しいCEOを探すために、退任を延ばしているところに、研究開発のトップが退任したわけですから、なんとなく、経営陣のドラスティックな入れ替えが予想されております。

Kenneth C. Frazier氏といえば、つい最近まであった、人種差別反対のムーブメントで、
「Could be me」と言って、話題になりました。

そういえば、あのムーブメントは、どこに行ったのでしょうか?

なんか、企業がこぞってレインボーカラーのロゴマークを使っていましたよね。とりあえず、あのレインボーカラーのロゴは終わったのですね。

で、そのKenさんですけど、多様性のムーブメントで、自分が数少ない、フォーチュン500企業の黒人トップということをインタビューで答えていましたよね。相変わらず差別があるよ、というようなことを。一時期話題になりました。そのインタビューでは、確かハーバードを出て、白人だらけの中で鍛えられた、、というような事を言っていたかと思います。

その、弁護士でもある、メルクのCEOのKenさんですが、前述もしましたけど、後任が見つからないので、CEOを辞めるのを延ばすみたいな事を言っていると、報道がありましたね。

その中での、ロジャーさんの退任ですので、そのうちに経営陣の大幅な刷新があるのでは? みたいな感じになっているわけです。

Insitro

さてロジャーさんが新しく取締役で就任する、Insitro社ですけど、サンフランシスコにありまして、2018年にステルスモードから抜け出してきたばかりの人工知能を創薬に応用する専門企業とのことです。

全く知りませんでしたけど、フォーブスで話題になっています。スタンフォードの女性教授が創立した会社のようですね。

https://forbesjapan.com/articles/detail/31206

ニューヨークというか、ニュージャージーですけど、広い意味でGeater NYエリアの伝統ある製薬会社から、いきなり西海岸のIT、AI企業への転職です。

しかも、ロジャー氏は68歳とのことで、そのパワーはすごいですよね。

しかもしかも、もっとすごいのが、またまた時代を読んでいるのでは? と、おもわせる転身なのです!

ロジャー氏の転身するInsitroは、すでにGilead社と大規模な提携を結び、今年初めに1億4300万ドルのラウンドを含む2億4000万ドル以上のベンチャーキャピタルの資金調達を行っているのです。

そうです、NASHです。

ギリアドというか、次の大型化される分野の一つに、NASHがありましたよね。

ロジャー氏の次の数年は、このNASHの分野になるのかと思います。NASHで有力な薬が出てくれば、またまたすごい売れ行きになりますよね。

ところで、下世話な話かもしれませんが、僕はリクルーターですので、給料とかが気になります。一体、いくらなのでしょうか。

って、ググったらすぐに出てきました。 まじか?

$9,223,350
What is the salary of Roger Perlmutter? As the Executive Vice President and President – Merck Research Laboratories of Merck & Co, the total compensation of Roger Perlmutter at Merck & Co is $9,223,350.

ということは、ドル円で言いますと、
JPY 977,785,780.20-

10億円切るくらいなのですね。ここで色々と他の偉い人たちと比べた数字を出そうかと思いましたが、ググれば出てくるみたいですし、やめておきます。興味のある方は、「salary 名前」で検索すれば、出てきますよ。役員クラスの方でしたら。

話が、バラバラですみませんけど、kenさんの後任って、誰なんでしょうか?????

僕は、だいたい予想しています。

参考

https://www.businesswire.com/news/home/20201001005212/en/insitro-Adds-Biopharma-Industry-Leader-Roger-Perlmutter-as-First-Independent-Board-Member

最も成長著しい医薬品 2016上期アメリカをみたら、オプジーボとキートルーダの売上に大きな差が出ていた

このチャートは、2015年の上半期に対する2016年の上半期の伸び額のランキングです。

どれだけ伸びたかのランキング

ですので、単純な売上げ額ランキングではありません。

 

PVfastestgrowers2

chart from First Word Pharma

 

BMSのオプジーボがとりあえずリードしていますね。前年同期比で1300億円以上の伸び額をですね。約10倍に伸びています。

それにくらべると、同じPDL-1抗体である日本ではMSDのキートルーダですが、これの伸びがよろしくないと言えるのでしょうか。しかも2015年段階では僅差ながらオプジーボに金額で上回っていたものの、伸び額だけを見ると同期の2016年上期ではオプジーボの約3分の1になっていますね。この傾向は日本市場でも追随するのでしょうか。

キートルーダとオプジーボは、FDAではほぼ同期に承認されましたよね。2015年の10月ですね。まあ、厳密に言えば、オプジーボの方が1週間くらい遅かったのですが。

このオプジーボが勝っている状況は、何が要因なのかは、わからないのですが、言われていることはオプジーボがPD-L1タンパク発現の有無は関係なく使用が可能であることに対して、キートルーダは検査が必要ということですよね。

日本市場でもこんな状況になるのでしょうか。成り行きは注目されそうですね。