COVID-19から世界が解放される RockNRoll なBionTech

2021年に人類はCovid-19から解放されるかもしれません。
いや、されるのではないでしょうか。
されると良いな。

Covid-19から解放されたら、自由に世界を行ったり来たりできます。個人的にもタイに閉じ込められていますから解放されたら爆速で日本に帰って、競馬やってパチンコやって、葉巻吸って、新橋あたりで焼き鳥でも食ってハイボールでも飲みたいです。

タイに戻ってきて、クラビに行ってプーケットに行ってついでにペナン島にも行きたいです。

アストラゼネカ・オックスフォード大学
ファイザー・バイオンテック
モデルナ

これらが立て続けに新型コロナのワクチンを開発して、90%以上の効果を示してきました。アメリカでは12月から配布されるとか。

この中でファイザーの製品はバイオンテックの開発によるものです。

バイオンテック
BioNTech SEは、マインツに本拠を置くドイツのバイオテクノロジー企業であり、疾患の治療に対する患者固有のアプローチのための能動免疫療法を開発および製造しています。 wikipediaを翻訳

BioNTech
この、BioNのNは、and ですよね。たぶん。
BIo and Technology みたいな。 ロックンロールみたいな。

Rock and Roll ⇨ Rock ‘n’ Roll

Bio and Technology ⇨ Bio ‘n’ Tech ⇨ BioNTech

BioNTechをググると、このように出てきます。

BioNTech: We aspire to individualize cancer medicinebiontech.de
At BioNTech we believe that every cancer patient’s treatment should be individualized. Our vision is to provide patient-specific immunotherapies worldwide.

we believe that every cancer patient’s treatment should be individualized. Our vision is to provide patient-specific immunotherapies worldwide.

力強いメッセージです。オンコロジーがメインなのです。そして、パイプラインはこちらです。

そんなオンコロジーの開発ベンチャーが開発したCovid-19のワクチンですけど、報道されていますように、何万人もの人を対象にした試験の結果、BioNTech社のワクチンは、95%の効果があることが示されたということです。

同社は、米国で初めてコロナウイルスワクチンの緊急使用許可を申請し、近々欧州でも同様の措置を取ることを発表しています。

このワクチンの仕組みですが、

抗ウイルスワクチンは通常、体外で製造されたウイルスを壊死させたものを用いて作られるが、バイオンテック社は遺伝子組み換えRNAを患者に注入する新しい方法を追求している。これにより、患者の細胞は、関連するサルス-CoV-2ウイルスの特徴的なタンパク質を産生するように誘導され、体の免疫システムが本物のウイルスに遭遇する前に効果的な反応を構築することが可能になります。

そのため、その後の体へのダメージは極めて少ない。

TheGuardian.comの翻訳

ということですが、なんだかすごいですね。

ただ今回、ガーディアンが注目しているのは、トルコ移民によるドイツ企業ということです。

そしてなんと、

創業者、研究者の
ウール・シャヒンさんと
エズレム・テュレチさんは、
夫婦なのです!

しかも、移民の家系なのです。

バイオンテックの創業者は4歳でトルコから移住してきたウール・シャヒン氏と、妻でトルコ系移民2世のエズレム・テュレジ氏。ともに医学博です。

話題ずくめですよね。

移民系のファミリー企業というと、まるで華僑が東南アジアで成功している企業みたいな雰囲気ですよね。いやいやこの崇高なレベルから見たら、違いすぎるか。

ドイツは、ずっと移民を受け入れてきた国で、圧倒的に多いのはトルコ系移民です。ドイツ国内では移民に反対する声も根強いですし、移民に対する差別なども問題になったりしているようです。

住商のデータ(https://www.scgr.co.jp/report/survey/2017112829422/)によりますと、ドイツの人口8000万人の内、移民が23%(2017年)になっています。その移民の中でトルコが15%を占めているということです。

まあ、この辺りの話には詳しくないのですが、トルコ人が移民したいというのはなんとなく知っていましたし、ドイツに多いのも聞いていました。ブンデスリーガとかにもトルコ人選手多いですよね。

とにかく移民にアグレッシブなトルコ人で、さらにとても勤勉な2人によって成し遂げられたワクチンですよね。

ウール・シャヒン氏と、妻でトルコ系移民2世のエズレム・テュレジ氏

これを読んだ瞬間に、キュリー夫妻を彷彿とさせました!!

もしかして2人でノーベル賞取ったりして。いや、あり得ますよね。これでコロナが治ったら、ノーベル賞です。

mRNA、そしてドイツといえば、この会社も注目らしいですよ

CureVac 期待しましょう。もうすコロナのも出そうです。パイプライン見ると。この辺りが後に続けば、もう、本当にコロナから解放されると思います。

若い人たちは、自由に合コンもできます!!

BioNTechをググると、かっこいいメッセージが出てくると言いましたけど、ちなみに、武田をググるとどう出てくるのでしょうか。気になったので見てみました。

Takeda Pharmaceutical Company Limited | Takedawww.takedacanada.com › who-we-are
Takeda is a research-based global company with its main focus on pharmaceuticals. As the largest pharmaceutical company in Japan and one of the global leaders of the industry, Takeda is committed to strive towards better health for patients …
Industries: Pharmaceutical industry

グローバル、グローバル! って言いたい時点で既にドメの匂いがします。

まあ、武田は関係ないです。

アルツハイマーの次は大うつ、産後うつ【Zuranolone(SAGE-217)】バイオジェン

3週間くらい前(11月6日)に、FDAの専門家たち(末梢・中枢神経系薬物諮問委員会)から、アルツハイマーの薬、アデュカヌマブに関してエビデンス不十分という大半の意見と審査を食らったバイオジェン。承認の可否は2021年の3月末日までだそうですが、どうなりますか。なんとなく、承認されそうですよね。

ただそんな中、バイオジェンの次の戦略も当然あるわけで、次のはなんとなく、期待できそうです。

ズラロン

バイオジェン社(Nasdaq: BIIB)とセージ・セラピューティクス社(Sage Therapeutics, Inc. (Nasdaq: SAGE)は、大うつ病性障害(MDD)、産後うつ病(PPD)およびその他の精神疾患を対象としたZuranolone(SAGE-217)と本態性振戦およびその他の神経疾患を対象としたSAGE-324の共同開発および商業化に向けたグローバルな共同開発およびライセンス契約を締結したと発表しました。

https://www.maryvilleforum.com/

セージ・セラピューティクスは、マサチューセッツにあるバイオファーマで、脳にフォーカスしているみたいですね。なんか、ハーブみたいな名前ですよね。

Sage Therapeutics is a biopharmaceutical company committed to developing novel therapies with the potential to transform the lives of people with debilitating disorders of the brain. ( Linkedin )

CEOはジェフ・ジョーンズ。元シャイアーでその前はファイザーですね。しかもハーバード大学のMDということです。
https://www.linkedin.com/in/jeffrey-jonas-85325b6/

パイプラインはほぼほぼCNSですね
https://www.sagerx.com/programs-research/pipeline/

https://www.nasdaq.com/market-activity/stocks/sage
https://www.cnbc.com/video/2019/11/21/sage-ceo-jeff-jonas-on-depression-drug-development.html

アメリカでは大うつの患者は拡大傾向で、1700万人とも言われていますし、産後うつとか、この領域はコロナ後の時代にも増えてきそうな気がします。何しろ経済が傾けば、患者は増えますよね。

しかもズラロンは、ファストトラックで、2021年に出てくる可能性がありますよ。アルツハイマーこけても、大丈夫そうですね。ダメかな。

ただ良いのは、バイオジェンの持っている多発性硬化症とかの患者さんは、大うつとかになるケースがあるらしいので、そこはつかみやすいですね。

これ出たら、めっちゃ売れそうですね。

その前に、3月末日までのアデュカヌマブがどうなりますか。

中外製薬はやっぱり良い薬を持っている

FDAはREGN-COV2として以前に知られていたCOVID-19抗体カクテルについて、Regeneron社に緊急使用承認を発行しました。

このカクテルは、カシリビマブとイムデビマブです。

この承認により、医療従事者は、体重が40kg (88ポンド) 以上であれば、12歳以上の感染した成人および小児の患者に、これらの薬剤を一緒に静脈内投与することができるようになりました。

注目すべきは、抗体カクテルは29日目までにCOVID-19に関連した受診を57%減少させ、1つ以上の危険因子を有する患者さんの受診を72%減少させたことです。

具体的には、入院と救急外来の受診は、プラセボ群では9%であったのに対し、カシリビマブとイムデビマブを投与した患者では平均3%でした。

しかし、全体的には、COVID-19の治療に使用するためのこの治験薬の安全性と有効性は引き続き評価されている、とFDAは述べています。

重症患者は適応外。

酸素吸入が必要な重症例に投与すると、症状が悪化する可能性があるということです。

まず月内に8万人分を出荷、来年1月中には30万人分を用意する予定です。

製造にはスイス・ロシュも協力する。米国外での開発はロシュ主導で進める予定。日本もロシュグループの中外製薬が国内導入を検討している。

中外製薬は、良い薬を持っていますよね。これってもう、昔からです。まあ何しろ、ロッシュの傘下になって、そしてロッシュがジェネンテックを買ってからすごい製品をいっぱい出していますよね。昔の話ですけど。今回は、リジェネロンなので、ジェネンテックではないのですが。

何れにしても、良い会社を買って、良い製品を出しているということには変わりないですね。

今思えば、ジェンテック買収を仕掛けたのは、現在のアストラゼネカの社長のパスカル・ソリオさんですよね。

アストラゼネカのワクチンが出て、中外製薬から治療薬が出れば、もうだいぶ頼りになりますよね。気分的に。

ファイザーのCEOの動画を見て頭をかすめた事

ワクチンのニュースが立て続けに出てきました。

ファイザーの社長が鳴り物入りで動画に登場して、ワクチンは大丈夫だ!みたいに意気揚々と言っています。

それまでは、治験の情報ではずっとOcford大学とAZの製品が先を行っていたような気がするのですが、本当に突然の嵐のように、モデルナ、そしてファイザーとワクチンが出てきました。

その直後のニュースがまた少し変だったのですが、AZのワクチンの有効性が70%しかないと出てきたのです。これは、慌てて出てきたファイザー、そしてモデルナのmRNAワクチンの有効性90%とはえらい違うなと思ったのです。

このニュースを見て、みんなAZ大丈夫か? みたいに思いました。

ところが、またまたその直後に、AZのワクチンは投与方法で90%の有効率を超えていることがわかりました。

この時間の流れがとても変です。

ファイザーのCEOが動画を出した直後にファイザーの株式が上がりました。

AZの有効性が70%と出ました。

この時に、ファイザーのCEOは実は自分の保有している株を売り抜きました。

その後AZの有効性も投与方法で90%超えがわかりました。

その後、保存方法でAZがかなり上回ることがわかりました。

AstraZeneca – OxfordModernaPfizer – BionTech
TypeViral VectormRNAmRNA
Doses222
How Effective62 – 90%9595
Strage2℃ – 8℃-20℃ up to 6mths-70℃
source WHO Kenyamazaki.com

なんとAZのワクチンは、保存方法は普通の冷蔵庫で大丈夫です。

それに対して、ファイザーは−70℃じゃないとダメなのですよ。ものすごいコストがかかりますよね。なんか、全然AZの方が良いと思います。

僕が言いたいのは、ここですね。

なんか、AZの製品の方が良いのを知っていて、それを世の中が知る前に、動画を大々的にリリースして、株式が上がっがら売り抜いているじゃん。ファイザーのCEO。違いますか?

結果論かもしれないけど、そうです。

ファイザーのCEOが意気揚々と動画でワクチンの供給体制が整ったこととか、ファストトラックで治験をやって上手く行ったことなどを話している時点では、まさかAZの製品の保存方法がそんなに優れているなんて、みんな知らなかったのですから。

なんか、慌てて行動したように見えて仕方がありません。この一連の動きを見ているとです。

AZの方が優れているのを知っていた。 みんながそれを知る前に動画を流した。株価が上がる。自分の保有株を売り抜いた。

このストーリーがピッタリすぎて、頭から離れません。

ITや金融業界から人事や採用担当者が製薬業界に来るけど、製薬業界からITとか金融に行くことは無い。なぜか。

そもそも何でMRの能力を可視化できないかと思っているかというと、昔の話ですけど、各製薬企業の人事や採用担当者は、結構他業界から転職してきました。特にITとか金融業界が多いです。

同じ採用業務かもしれませんが、全く業界が違いますよね。

で、若い人ととかは、特に聞きかじった言葉とかをあたかもプロフェッショナルな体で話すわけです。

ミーティングなどをすると、エージェントである僕に対して、会社説明や製品説明をしてきます。そのときにいちいち僕が製薬会社に12年勤めていたことなどは言いません。ですので、若いITから来た採用担当者は得意げに製品の説明などを僕にします。

僕から見たらクライアントなので、ツッコミどころがあったとしても、いちいち突っ込みません。で、半年、1年、2年くらい経つと、その人は製薬業界の専門家みたいなていで、ベテランMRの採用面接などをするわけですよ。

何がわかるの?

と、言いたくなります。

これはやっかみとかではないのです。

なぜなら、その逆もあるべきだと思うからです。つまり、製薬業界のエキスパートが、ITや金融に行っても良いじゃないですか? 向こうから来るなら。

でも、製薬業会から、ITや金融に行くって、なかなか無いです。

なぜでしょうか。

この現象を客観視すると、製薬は他の業界からくるのは難しく無い。ITや金融は製薬から行くのは難しいと説明しなければならなくなります。

ただし、他業界から来た若い採用担当者が、製薬の面接官をしても、何もわからないのですよ、僕から見れば。

それをだましだまし、わからないのを気づかれないようにやっているうちに、彼らも慣れてきて、いつの間にか、まるで自分の業界、みたいな体で居座るわけです。

もし、MRの能力が、客観視できるような指標というか、可視化できるものがあれば、他業界にも行けるかと思うのです。

向こうから来るなら、こっちから行ってもOKなはずだと。

思うわけです。

MRの優れた能力を可視化できないか

MRの優れた能力を可視化したいと思っています。

MRのキャリアで悩んでいる人が沢山居ます。色々な悩みを総合すると、将来的に潰しが利かなくなるという不安に集約されます。

例えば同じような営業でも、ITの営業、プリセールス、セールスエンジニアは将来とてもキャリア展開が可能です。なぜかといえば、可視化できるからではないでしょうか。

SAPの資格とか、使用言語がどうのこうのとか、数字もハイタッチとかパーセンテージとか可視化できます。ですので、第三者が見て、可視化しやすいので、売り物が多くなるのです。

MRの能力を可視化すれば良いと、ずっとずっと前から思っていました。なぜなら、MRの優れた能力を、業界外の人は誰もわからないからです。

僕の感覚的な事で言いますと、MR経験者なら、ITの営業できます。というか、かなり好成績でできるかと思います。覚えることは結構ありますけど、それは覚えれば良いというだけですから。

この発見されていない、能力を可視化したいと思います。

◆例えば、病院の医局に行きました。総合医局で、他の先生も何人か居ます。アポイントは取ったものの、その会いに行った先生が売り背きにずっとパソコンのモニターと睨めっこしている状況。とても声かけしにくいです。

この時に、どうやって声をかけますか?

みたいな問いを作って、その答えに点をつけていき、それをTOEICスコアみたいにできないかと思っています。

◆先生が怒っている。どうすれば良いか。

◆先生の所属医局は薬剤Aを使うことが決まっている。でも同種同効品のBを使ってもらわなければならない。どうしたら良いか。

◆先生の言っていることが、実は間違っている。その間違いを否定することなく、結果的に気づかせて修正させるためにはどうしたら良いか。

これらはすべてコミュニケーションに関することですが、とても大事なことです。実はもっとあります。

◆相手に押し売りせずに、気がついたら自社製品を使ってもらっているように仕向けるにはどうしたら良いか。

これらは、可視化できません。が、MRはこういう特技をみんな身につけています。

この特技は、他の業界の営業には無い、特別なスキルなのです。このスキルを可視化すれば、MRのキャリア展開の選択肢は飛躍的に広がるかと思います。

相手を怒らせずに、不快にさせずに、間違いを正し、尚且つ自社製品を使うように仕向けるなんて、他の業界のどのセールスにも無い特技です。MRだけです。この特技が点数とか資格みたいになっていれば、MRは他の業界から引く手数多です。

僕の感覚から言うと、IT業界のクライアントとかと話していて、「あー、このポジション、あのMRさんならすごくできるのになあ。」と、思うことが、今まで沢山ありました。

ただ、MRはせいぜいMR認定資格くらいしか無いので、能力を第三者に見せることができないのです。

僕がいくら目利きしても、他業界に売り込むことは難しいです。

ですので、可視化したいと思っているのです。

CSOを受けたAさんとBさん。

2年前くらいの話を持ってきます。今今のやつは、リアルすぎて、身バレの恐れがあると迷惑がかかるので、数年前のことを紹介します。

AさんとBさんの話です。他にも、Cさん、Dさん、Eさんと考えると、ほぼアルファベットを何周もすることになります。それだけ、一人一人物語があります。

Aさんは外資系の製薬企業でオンコロジーの支店長を勤めた後に、早期退職しました。友人に紹介されたということで、僕と面談しました。コントラクトMRの案件を紹介しましたが、30年以上MRをやってきたので、何か他の事がやりたい、という事で、CSOは考えていないとのことで、その時は紹介までは至りませんでした。その後医療機器のマーケティングなどを受けたそうですが、英語力と年齢と経験が無いということで落ちたそうです。しかも複数。 その後しばらく、半年以上連絡もなく、僕も忘れかけた頃に連絡があり、コントラクトMRを受けたいということでした。聞くと、CSOも数社受けましたが、希望の勤務地が無くて落ちたとのことでした。まだ受けていないCSOがあったので、そこに紹介して、タイミングよく希望の勤務地があり、受かりました。CSO全部受けてなくてよかったと思います。

Bさんは同じく外資系製薬企業のオンコロジーのマネージャーです。52歳。以前からお世話になっている、30歳代のMRから、「早期退職するみたいだけど、苦労してそうな先輩が居る」というので、連絡をとりました。聞いていた電話番号に電話をかけて、初めて電話をしていることや、自分が人材紹介業で働いていること、連絡をした経緯などを説明しましたが、イマイチ理解できないらしく、「誰ですか?」「なぜですか?」という質問の繰り返し。こちらも根気よく電話をかけた経緯や、ある人から紹介を受けたことや、僕が14年この仕事をしていて、このように連絡をすることは、よくあることということを説明しましたが、そのうちに怒り出しましたので、話を続けられませんでした。聞くところによると、1度も転職をした事がなかったとのことです。怒っている中で、「自分はオンコロジーのマネージャーで、各メーカーに知り合いがいるから、その人たちに頼んでいる。だからエージェントは要らないし、CSOは全く考えていない」という事でした。まあ、僕も世代も近いですし、長年やってますから、何かありましたら連絡をください。という事で、その場は終わりました。その後、また、半年以上たち、同じように忘れかけた頃にこの方から連絡がありました。僕もほとんど忘れていましたが、かすかに覚えていました。聞くと、色々メーカーはダメだったので、CSOを受けることにしたの事です。ところが、初めて話したという大手エージェントの担当者が、製薬業界のことも知らなくて話にならないとの事でした。エージェントの若い人に怒っても仕方ないですよと諭して、状況を聞くと、ほぼ全てのCSOにエントリー済みでした。エントリーしたものの、やりとりが気に入らなくて辞退したり、面接で落ちたりしたとのことでした。僕から再度エントリーできないかと聞かれま下が、直近で落ちているなら、受けられませんと言いました。だから、初めから僕に相談してくれればよかったのにと、思いました。

パンデミックでブラックフライデーはどうなるの?

年末年始がやってきます。2020年は誰もが経験したことのない、特殊な年になりました。いや、「なりました」ではなく、いまだにそれは続いているどころか、まだまだピークがこの先にあるのかもしれない、それすらわかりません。

これからの季節、もっとも活況になるはずの小売業界にとっては最も深刻な年末を迎えそうです。

ただでさえ消費者の購買意欲も、購買力も下がっている中、どのような取り組みをすれば良いのでしょうか。取り組みどころか、普通に売れてくれればラッキーという声さえ聞こえてきます。

日本人にはあまり関係ありませんが、11月11日は「独身の日」と言いまして、中国ではオンラインショッピングを中心にこの日に売りが殺到します。

アリババでは前日の11月10日の夜からイベントなどを開催して、11月11日のセールが始まると売り上げがものすごく殺到するのです。

ウェブサイト、Statista によると、

中国で今年のアリババの独身の日(11月11日)の売り上げは、741億アメリカドルで、去年の384億ドルの倍近くの売り上げを出しております。

Covid-19の中で、これだけの売り上げを出すのはすごいとしか言いようがありません。

それか、Covid-19でオンラインショッピングが逆に追い風になったのでしょうか?

購買欲も落ちて、「独身の日」も売り上げが下がるかと思っていたので、意外でした。中国のパワーはすごいですね。

中国人のパワーなのか、

それともアリババがアグレッシブに戦略を立てた成果なのか? 

CNN香港のニュース によると、

市場調査会社フォレスターのアナリストであるシャオフェン・ワン氏は、「中国経済は力強い回復を見せており、中国の消費者の購買行動はすでにパンデミック前のレベルに戻っています(高くはないにせよ)」と述べています。中国は先月、第2四半期連続でプラスの経済成長を報告し、世界第2位の経済がパンデミックからいかに早く回復したかを強調しています。数ヶ月に及ぶ閉店からの回復に奔走するブランドや小売業者や消費者にとって、収益性の高い中国人の買い物客は、大いに必要とされる明るいスポットとなっています。ワン氏によると、多くの企業がシングルズデーのセールイベントを「倍増」させているという。

とのことで、中国はすごいです。日本は、負けちゃいますよね。このパワーには。

さて、独身の日でアジアの大国である中国が去年の倍増の売り上げを示したということですが、

アメリカにはいよいよ、クリスマス前のブラックフライデーがやってきます。

ブラックフライデー
2020年11月27日金曜日
ブラックフライデーとは、11月の第4木曜日の翌日にあたる日のことである。小売店などで大規模な安売りが実施される。 アメリカ合衆国では感謝祭の翌日は正式の休暇日ではないが休暇になることが多く、ブラックフライデー当日は感謝祭プレゼントの売れ残り一掃セール日にもなっている。 ウィキペディア

ホリデーシーズン前のショッピングが最も集中する日です。今年は、11月27日(金曜日)になります。

今年のアメリカの小売業界の戦略はどうなるのでしょうか。なんとなくですけど、中国の独身の日ほど成功しないような気がしてなりません。

レイオフが度重なり、雇用そのものが心配、購買欲も落ちているでしょう。それ以前に購買力が低下しているかと思います。

11月26日のサンクスギビングのターキーの売り上げを見れば少しは予想がつくかもしれませんが。

アマゾンはどのような戦略をしているのでしょうか?

パンデミックが抑えられていないので、やはり、オンラインがメインになりそうな気もします。

オンラインに頼るしかない事情もあります。いや、オンラインでも追いつかないくらいの深刻な事態に陥っているかもしれません。

アメリカの小売業界は、パンデミックのせいで、オワコンです。

JCペニーズとシアーズはファンドに買われていますし、メイシーズは店舗閉鎖、バーニーズニューヨークは破産です。

クリスマスショッピングどころか、全米にものすごいレイオフの嵐が吹き荒れているのです。

こんなクリスマスは、今まで経験もしたことはないと思います。

小売業界が売り上げを伸ばすどころか、業界が生き残るだけで必死です。この落ち込みは、オンラインだけでは解決できないレベルかと思います。

アメリカの小売業界の戦略は、どうすれば良いのでしょうか。今年のブラックフライデーは、一体どうなってしまうのでしょうか。

そしてクリスマスは?

エビデンスがあるかわかりませんが、武漢から始まったとされるCoVid-19で、中国は素早い回復を見せました。それも本当なのかわかりませんが、少なくとも独身の日は去年のダブルスコアの売り上げです。これは事実です。

その中国から始まったパンデミックで、今年のアメリカのダメージは、数字にすればこの世のものとは思えない、天文学的なものになりそうです。

アマゾンは、ブラックフライデーにどのような戦略をするのか、もう為す術もないのか? 色々とググると、アマゾンのセールなどが出てきますけど、なんとなくパッとしません。

中国はダブルスコアですよ!!

今年のアメリカのブラックフライデーは、どうなるのでしょうか?????