blog, MRの出口

製薬業界リストラでもCSOでは増員

製薬業界、リストラでも一定量は必要なMR

製薬業界のリストラに荒れた2018年から開けて、2019年も早いもので1Qが終わろうとしています。

相変わらず、製薬業界の人材関係については明るいニュースはあまりないのですが、CSOは活発です。

CSOはメーカーに比べれば給料は安いですが、他の業界の営業職よりは依然として高水準です。しかもCSOは特に今年に入って活況です。

以前は厳しかった年齢にも募集ポジションが出てきたりしています。

また、領域未経験ながら、オンコロジーのプロジェクトがあったりしております。

給料が安いと行っても、製薬メーカーに比べてという意味です。

製薬メーカーのMRであれば仕事内容からしてだいたい800万円くらいが相応だと考えております。

それ以上もらっている人もたくさんいますが、それは実際のMRとしての業務内容からは貰い過ぎと考えられ、いずれ是正されると思います。

是正のされ方は、例えば、リストラやM&Aだと思います。典型的な例は、外資のバイオ系の企業が大手に買収されたりすることでしょうか。

製薬の場合、外資のバイオの方が、大手よりも給料がだいたい高いので、買収されればいずれ買収した側の大手の基準に統合されるでしょう。

CSOの給料はメーカー標準よりも100万円か150万円くらい安くなる可能性があります。ただし、様々な理由で応募をする人が沢山います。

給料が下がってまでCSOに転職する理由は、

・リストラに遭い、メーカーへの転職がうまくいかない

・勤務地の理由

・担当領域の理由・・・例えばオンコロジーに行きたいけど行けないとか。

・将来を考えて

 

おそらくですが、数年後にはCSOの人数がメーカーMRの人数にだいぶ接近し、もしかしたら、CSOの方が上回ったりとか?

もしかしたら、MR=CSO勤務みたいな時代も来るかもしれません。

例えばですが、トヨタの車を買うときには、トヨタ自動車本社から買うわけではありませんよね。それと同じ理屈です。

医薬品のMRといえば、CSOという風になる可能性もあります。

メーカー勤務の人は、たとえ現状より給料が下がったとしても、活況なCSOに行くのも一つの選択肢です。

例えば、年収が100万円か200万円下がっても、別の方法で補えば良いことです。また、税金のことなどを考えると、そこまで生活レベルに大きなインパクトがあることはないかと思います。

さらにですが、ここ最近のメーカーのリストラは、なんとなく、日本社会が得意な足並みをそろえた結果という感じもします。

オタクもリストラですか? じゃあ、うちもやろうかな・・・的な。

この連鎖が終われば、落ち着くかと思います。

今からCSOに行って、将来の計画を進めるのも良いと思います。

MRの出口を目指している人にとっても、領域を変えたいという人にとっても、副業の勉強から始めたいと思う人にとっても。

 

→CSO募集情報ページへ

 

 

広告
blog, MR, MRの出口, 実例

【 実例 :なぜコントラクトMRに】 あなたの武器は?

「いえ、コントラクトは考えてないです。」

これは、メーカーのMRの多くの人が思っていることです。とは言え、CSOもずっと募集をしていて、実際に入社する人がいます。

 

CSOに入社する動機は様々です。

大半の理由は、勤務地関係だったりします。

その次に多い理由は、ベテラン勢の再就職というか、早期対処の後です。

 

では、勤務地理由でも、早期退職でも無い理由で、メーカーに勤務しているMRがコントラクトMRを志望する時って、どんな理由があるのでしょか。実例を聞きました。

 

①国内超大手(特定されてしまう)製薬会社MR。30歳。男性。有名な大学病院担当。

 

→新卒後、国内大手でプライマリー領域で数年活躍した。その時には、他メーカーよりも優位に立っていて、会社の戦略にも納得できていた。

 

→その後社内異動で、希望していたオンコロジー部門にきた。希望していた領域ではある。しかしながら、現場で感じたのは今度は外資の方が製品もパイプラインも充実していて、国内大手でも全く大したことがないと肌で感じた。

 

→年齢的にも若いので、外資のオンコロジー、または専門領域MRへの転職を模索した。

 

→そこで、外資のオンコロジー領域MRの知り合いと色々と人脈を作って、情報収集をしてみたが、誰一人として良い話を聞かなかったし、輝いて見えなかった。

 

→気づいたのは、外資だろうと、国内企業だろうと、MRだけの経験の年配の人には、特になんの武器もないのでは? ということだった。

 

今、ビジネスを続けていく上での武器を持っていますか?

 

→プライマリーだろうとオンコロジーだろうと専門領域だろうと、自分は10年後にそういう存在になるのかと感じてしまった。

 

→とは言え、エージェント経由で外資のオンコロジー領域MR案件の面接を受け、オファーがでた。

 

→条件、給与は悪くなかったが、どうしても将来に魅力を感じずに、断った。

 

→そこでCSOを考えた。メーカーでは得られないビジネス経験や、見られない世界を経験できると思った。

 

→CSO各社、色々なビジネスをしている。直接は関わらなくても、近くで知ることになる。考えるきっかけにもなる。

 

→給料などは下がるが、経験としてはとても重要で、わからないけど何かの武器を持てると思った。

 

→プロジェクト打ち切りや、撤退など、色々リスクはあるが、だからこそ逆に若くないとできないと思った。

 

→そもそも、大手メーカーでもMRをずっと続けることは、この先困難だと感じていた。

 

→そもそも、新卒のままずっと続けて、中堅、ベテランになってから武器を持てずに他を探しても何も見つからないと思った。

 

→今まさにキャリアチェンジを模索する上ではちょうど良かった。

 

→ここだけの話だが、MRをずっと続けるつもりはない。

 

→少なくともあのまま国内大手で続けよりは、何かを得られると思っている。

 

→友人や周囲からは、「若いのになんでコントラクトに行くの?」と言われたが、若いから来れたと思っている。

ということで、国内大手、30歳、オンコロジー領域担当、有名大学担当の彼は、CSOに転職をしました。

 

 

あなたは武器を持っていますか?

転職相談はこちら

 

 

 

MR

変化するCSO コントラクトMR

今までに何十人ものMRを、CSO(クインタイルズ、アポプラス、シミックアッシュフィールド、インヴェンティヴ などなどなど)に紹介して、転職に成功しました。CSOと聞くと、コントラクトMR。・・・つまり、新薬発売時の人員増強や、欠員が多く発生した時の補充というイメージがありませんか。もはや、CSOは、単なるMRの派遣ビジネスではありません。包括プロジェクトの受託や、ゲインシェアに関する契約、コール数アップの契約や、体系的な研修制度など、サービスは多岐にわたります。また、医薬品MRのみならず、医療機器業界、看護師の教育など、大きな大きなサービス業なのです。

包括プロジェクトと言うのは、色々な形があるのですが、例えば、その地域の開業医を全てそのCSOがプロジェクト先のメーカーと契約して担当する。例えばそのメーカーでもはやコールしなくなったけど、良い薬。つまり、長期収載品などですよね。もっとイメージがわく様にすると、例えばですが、リピトールの様な製品です。もう、積極的なプロモーションはかけていないかもしれませんが、その地域で集中的にコール数をあげたら、どうなると思いますか。もちろん、売り上げが伸びます。メーカーではできない仕事です。CSOが、その伸びた売り上げの数パーセントを対価として受け取ると言うような、簡単に言うと、そういうビジネスです。面白いと思いませんか。

この手法は、sales orientedなビジネスのもとでは、gainsharingの考えに基づいていると言えます。たしかに、給与レベルはメーカーの水準ではないかもしれません。でも、考えてみてください、このメーカーの現在の状況を。たとえ1000万円以上の年収があって威張っていても、先行きはどうでしょうか。5年後、10年後のジョブセキュリティが安心と言えますか。であれば、伸びているCSO業界で、定年までやりがいを持って、適切な給与で仕事をした方が良いと言う方々が、最近私のまわりに増えています。長期的な考えに立てば、ヘルシーな業界かもしれません。もちろん、メーカーの水準に達しないと言えども、人によりますが1000万円くらい支払われている場合もありますし、依然として他業界の営業マンよりは高水準な事は確かです。

包括の手法は、何も地域と言うことだけではなくて、製品ごとの場合もあります。数年前に出たけどすごく良い薬ありますよね。このような製品はゲインシェアのビジネスでは格好のたーげっとになります。つまり、日本の製薬業界は、CSO業界にとってはマーケットのセグメンテーションの中では、大きな大きな大きなブルーオーシャンなのかもしれません。と、言いつつも、この数年、言っているほどCSOの伸び率が小さいのはなぜか、それは、競争のせいでしょうか。個人的には、業界の参入障壁だと思います。やはり、製薬業界がコンサバティブに自分たちを守ってきたのではないでしょうか。ただ、その障壁も、今年、去年の業界のカオス状態を見れば、もう崩れているでしょう。これから、CSO業界は水を得た魚のように伸びを加速するかもしれません。MR数、1000人を抱える企業もざらに出てくるかもしれません。伸びる事は火を見るより明らかです。

コンサルティングも大きなCSOの新しいビジネスです。病院や開業医、または大病院の中の特定のチームなどなど、医療業界は一大コンサルティング産業です。大手や外資系のコンサルティングファームの格好の市場ではあるのですが、業界のきめの細かい習慣やカルチャーまでの話になると、MR経験者や業界出身者がどうしても強い場合もあるし、また、医師からの信頼を得やすい場合もあり、大きな強みがあります。複数のCSOが次々にコンサルティング業務に注力しています。超高齢化社会を目の前にして、大きな市場が目の前で待っています。

MRにとっては、今まで経験しなかったTA(Therapeutic Area)を体系的に身につけるチャンスなのです。例をとると、クインタイルズのQカレッジはその内容の深さと広さに圧倒されます。疾病や治療や医薬品の事だけではなく、経営やファイナンスに関わる事まで、体系的に研修システムが整い、テストなどもオンラインで好きな時間にできると言う充実ぶりです。循環器領域はデフォルトで、CNSやオンコロジーなど、今まで所属していたメーカーでできなかった事などが、全てのMRにチャンスがあると言う意味で、スキルの高いMRがどんどんCSOで養成されていくという感じです。

CSO業界でやりがいを持って、今まで培ったキャリアを礎に貢献したい方、連絡くださいませ。面白い仕事が待っています。
登録は、こちら